マサブク ~masaki books~

理系大学院生がおすすめのミステリ小説を中心に紹介していく雑記ブログ

「眼球堂の殺人~The Book~」 -周木律- 【奇妙な館で起こる殺人事件、まさに王道ミステリ】ネタバレなしあらすじ&感想

この記事をシェアする

こんにちは、マサキです。

 

今回ご紹介する小説は周木律さんの「眼球堂の殺人」

f:id:couragepanda:20200401225528j:plain

第47回メフィスト賞受賞の王道ミステリである本作

 

「堂シリーズ」の第一作目であり、周木律さんのデビュー作となっています。

 

本作は特殊な館で起きる殺人事件という昔ながらの設定ですが、ほかの作品とは違う独特の雰囲気を持っています。

 

読者を度肝を抜くような奇妙でいびつな館が舞台となるので、飽きずに読み進められるのでは?

 

それではさっそくまいりましょう!

 

この本のオススメ度 S

 

 

あらすじ

駆け出しのルポライター・陸奥藍子は、世界各地を渡り歩く放浪の数学者・十和田只人とともに奇妙な館『眼球堂』へ訪れる

 

十和田たちを『眼球堂』に招待したのは狂気の天才建築家・轟木煬

 

「建築学こそがあらゆる学問の頂点に立つものであり、すべての世界は建築学にかしずく存在である」

 

ということを証明するため、彼は自分が建築した『眼球堂』に各界の才能を集めた

 

そう、これは各界の才能人たちへの挑発なのだ。『眼球堂』の神秘さ、偉大さを彼ら彼女らに見せつけることで「建築学」が優位に立つ

 

才能人たちは轟木とともに眼球堂で過ごし、一日目が終わる。

 

しかし翌朝、藍子が目を覚めると轟木煬が無残な死体となり発見される

 

ポールで腹を貫かれ、轟木は息絶えているのだ。高さ十メートルの頂上で――。

藍子は、自分の二の腕を抱くようにしつつ、思ったことをそのままぼそりと呟いた。

「百舌の、はやにえだ……」

「眼球堂の殺人」p.147

 

轟木を殺したのは誰なのか?そしてこの不可解な死体を作り上げたトリックとは?

 

奇妙な館「眼球堂」

f:id:couragepanda:20200410003022j:plain

この『眼球堂』は、現実では決してありえないような建物になっていて

 

見取り図を見てみると、そのまんま眼球!

 

圧倒的なインパクトです!そしてこの眼球堂、ある仕掛けがあり……

 

ヒントはまさに眼球です、読んでみてからのお楽しみ

 

まさに王道、だから面白い

 

f:id:couragepanda:20200410004910j:plain

 

本格ミステリの王道の要素

 

WHO(誰が?)WHY(なぜ?)HOW(どのように?)

 

すべてがつめられていて、それでいて推理も完璧です

 

僕のお気に入りはやっぱりHOWダニット!

 

このメイントリックが明かされたときは鳥肌間違いなしです

 

そしてこのトリックはまさに、このいびつな館『眼球堂』だからこそ起こせるもの

というところにも注目です!

 

もちろんそれだけでは終わらない

f:id:couragepanda:20200410010556j:plain

もちろん本作はこれだけでは終わりません、最後には予想だにしなかった展開が僕たち読者を待っています

 

え?そういうことか!やられた!

 

となること間違いなし!メフィスト賞受賞も納得のラストになっています

 

このラストから、まさかの続編があるのがこの「堂シリーズ」

 

息もつかせぬ展開の連続で一気見すること間違いなしです!ぜひシリーズを通して読むことをオススメします!

 

まとめ

 本作は長さでいうと570ページくらいの長さなのですが、読みやすい文体と連続する展開でまったく長さを感じられません!

 

スラスラと読めてしまうのでそのまま一気読みしてしまう人も多いはず

そして読後感も僕好みでホントに読んでよかったと思える作品でした!

 

みなさんもぜひぜひ、読んでみてはいかがでしょうか?

 

今回は「眼球堂の殺人~The Book~」 -周木律- を紹介させていただきました!

 

それではみなさまよいミステリ小説ライフを!