マサブク ~masaki books~

理系大学院生がおすすめのミステリ小説を中心に紹介していく雑記ブログ

「medium[メディウム] 霊媒探偵 城塚翡翠」-相沢沙呼-【すべてが伏線、2019年最驚ミステリ】ネタバレなしあらすじ&感想

この記事をシェアする

こんにちは、マサキです

 

今回ご紹介する小説は相沢沙呼さんの「medium[メディウム] 霊媒探偵 城塚翡翠」

 

f:id:couragepanda:20200407144606j:plain

 

「このミステリーがすごい!」2020年国内編第一位

「本格・ミステリベスト10」2020年国内第一位

「2019ベストミステリー選出」

「2020年本屋大賞ノミネート」

 

と凄まじい受賞歴を持つ本作、いったい何がこれほど人を惹きつけるのか?

徹底解剖していきたいと思います!

 

この本のオススメ度 A

 

 

あらすじ

推理作家・香月史郎は大学時代の後輩・倉持結花からある心霊現象が起きたと相談を受ける

 

一か月前から、夜ベッドのすぐそばで涙を流す女の人をよく見るようになったという

 

この現象を解決するため、香月たちは霊媒探偵・城塚翡翠の元へと出向く

 

翡翠と会った二人は、互いの職業を当てられたり、見えざる手で触れてきたりと、翡翠の霊能力をまのあたりにし、彼女の力を信じることにする

 

そして、結花のみた「泣く女」を解決するため、後日彼女の部屋を訪れることになった翡翠

 

だが、約束の日に部屋を訪れた彼女を待ち受けていたのは結花の死体だった

 

一方、巷では若い女ばかりを狙う連続殺人鬼が人々を脅かしていた

 

翡翠の霊媒の力では物的証拠は何もない、だが香月は彼女の霊媒の力で見た真実を論理と組み合わせながら事件に立ち向かっていく

 

果たして、香月と翡翠は結花を殺した犯人を捕まえることができるのか

そして、姿なき殺人鬼の正体とは?

 

「先生――、わたしはたぶん、普通の死を迎えることができないのだと思います」

それはどういう意味なのか、と香月は訊いた。

「予感がするのです。この呪われた血のせいかもしれません。妨げようのない死が、すぐそこまでこの身に近づいているのを感じるのです」

翠の瞳を伏せて霊媒の娘はそう言った。

「medium[メディウム] 霊媒探偵 城塚翡翠」p.8

 

 

霊媒探偵 城塚翡翠

f:id:couragepanda:20200413081720j:plain

 

今作はいわゆる「特殊設定ミステリ」と呼ばれるジャンルであり、霊能力を持つ城塚翡翠が香月史郎とともに様々な事件を解決していきます

 

しかし、その霊媒は完全なものではなく

  • 犯行現場でないと使用できない
  • 翡翠と同じ年代の女性しか降霊できない

などと、かなり限定的な能力なので犯人がすぐにわかるわけではありません

 

そして、霊媒の力で犯人を知ることができたとしても霊媒能力で判明した犯人を捕まえることはできないため、

犯人がわかっていながら、捕まえることができないというもどかしいシーンが多々あります。

 

そこで推理作家の香月が状況的証拠から犯人にたどり着くための論理を展開していきます。ここが本作の面白いポイント!

 

4部構成の物語

f:id:couragepanda:20200413085035j:plain

 

 本作は4部構成となっていて

  1. 泣き女の殺人
  2. 水鏡荘の殺人
  3. 女子高生連続殺人事件
  4. VSエリミネーター

 という香月と翡翠の探偵コンビが事件を解決する短編から成り立っています

 

そしてそれぞれの話の間に、インタールードとして連続殺人事件の犯人視点の物語が挟み込まれます

 

それぞれの話も100ページ未満の短編で完結しているのでどんどん読み進めることができます

 

そして最終話ではこの殺人鬼(エリミネーター)と直接対決をする翡翠ですが……

 

すべてが伏線

f:id:couragepanda:20200413090404j:plain

この本を手にしたときにひときわ目を引くこのキャッチコピー、読み終えた後はまさに納得!

これ以上は語れませんが、最後の殺人鬼との直接対決である事実が明かされます

 

その事実により

本作はただの短編集ではなく、一つ一つの点である物語が最後に線となって一気につながります

 

最後に待ち受けるどんでん返しにはまさに2019年最驚のミステリとしてふさわしいのではないでしょうか

 

まとめ

 本作の作者、相沢沙呼さんは人が死なないミステリを得意としてきましたが、今作でついにそれを破り、人が死ぬかなり本格的なミステリとなりました

 

緻密に絡み合うトリックと終盤の大どんでん返しは素晴らしく、一冊の本のためにここまでやるか!という感じ

 

ここでは紹介しきれなかった怒涛の展開や、シャーロックホームズなみの名推理もあるので、ぜひ皆さんも読んでみてはいかがでしょうか?

 

今回は「medium[メディウム] 霊媒探偵 城塚翡翠」-相沢沙呼- を紹介させていただきました!

 

それではみなさまよいミステリ小説ライフを!