マサブク ~masaki books~

理系大学院生がおすすめのミステリ小説を中心に紹介していく雑記ブログ

「十角館の殺人」 -綾辻行人ー 【新本格ミステリの原点】あらすじ&感想

この記事をシェアする

こんにちは、マサキです。

 

今回ご紹介する小説は綾辻行人さんの「十角館の殺人」です。

 

f:id:couragepanda:20200308153516p:plain

 

綾辻行人の<館シリーズ>記念すべき第1作でデビュー作

 

この作品、ただいま漫画化されて連載されていますが

最近までビジュアライズは不可能では?と言われつづけていました

 

新本格ミステリの原点であり、館ものといえばこの作品を真っ先に挙げる方も多いのではないでしょうか?

 

それではさっそくまいりましょう!

 

この本のオススメ度 S

 

  

 概要

 

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。

館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。

やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!

 

 

 

あらすじ

 

ミステリ研究会のメンバー7人は角島という孤島に建つ『十角館』に訪れる

 

十角館は建築家、中村青司が建てた館である

 

だが中村青司は数年前に焼死したことから、十角館に彼の亡霊が漂っているという噂がたっていた

 

その真相を確かめるべく、エラリイ率いるミステリ研究会が十角館に訪れたのだ

 

一方、元ミステリ研究会の江南孝明の元へ一通の手紙が届く

 

『お前たちが殺した千織は、私の娘だった。』

 

手紙の裏には「中村青司」と記されていた

 

死者からの告発、不審に思った江南は中村青司の弟、中村紅次郎のもとへ向かい

 そこで江南は怪しげな男、島田潔と出会うのだった

 

 

場面は変わり、十角館

 

二日目の朝を迎えた彼らは犯行予告が示されたプレートを発見する

 

誰かの悪戯だろうと誰もそのプレートを本気にしない

 

だがその夜、予告どおり『第一の被害者』が現れるのだった

 

「さて―」とエラリイが呟いた。

「誰が『第一の被害者』かな。こいつはちょっと面白いゲームになってきたぞ」

あるいは拭い去れぬ不安の裏返しだったのかもしれない。

 

が、しかし―。

少なくともこの時、例の殺人予告のプレートは文字どおりの意味しか示さないのだと知る人間が一人、確かにこの島にはいたのである。

 

「十角館の殺人」p.151

 

 

感想

 そして誰もいなくなった?

 かの有名なミステリの女王、アガサクリスティの名作「そして誰もいなくなった」

この作品への挑戦だと、僕は思いました。

 

クローズドサークル内で殺し合いが起きていき、最後には誰もいなくなる

 

だがこの作品が「そして誰もいなくなった」と違う点が一つあるとすれば

 

それは探偵の存在でしょう

 

 この作品では明確に、クローズドサークルの外から一連の謎を解いていく探偵が現れます

この探偵が存在することで「そして誰もいなくなった」とは違い、読者が得られる爽快感は断然多くなり、物語としてまとまるのだと思います

 

奇妙な館

 来ました!これこそミステリ小説の醍醐味!

 

部屋の設計、テーブル、食器に至るまですべてが十角形という奇妙な館

 

これだけでミステリファンはたまらないのでは?

 

館シリーズの主役は館そのものといってもいいぐらいの魅力的な館が多数出てくるので

どんどんシリーズを読み進めたくなりますね!

 

そしてこの館にはある仕掛けが……

 

新本格ミステリの原点であるこの作品是非読んでみてください!!

 

 

 

 

※以下ネタバレ※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは物語の核心に触れていきます

 

未読の方はブラウザバック推奨です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衝撃の一言

 

「ヴァンダインです」

 

 この一言がすべてですね、はい

 

まさに衝撃!僕たちの認識を土台ごとひっくり返されました、恐るべし綾辻行人……

 

人物誤認トリックがここまできれいにハマるとは……

 

このあだ名のトリック、ミステリ小説の作家に詳しい人ほど引っかかる構造になっていて

江南=コナン・ドイル

守須=モーリス・ルブラン?

 

このようなひっかけが起こっていました

 

コナン君があからさますぎるというのもあるのですが、十角館でヴァンがミステリ研のメンバーとともにいるのにもかかわらず、本土では江南と守須があっているという事実がさらに我々読者の認識のずらしを起こしていたということですね

 

(ちなみに、僕はこの時全然作家の名前を知らなかったので、単純にひっかかってしまいました笑)

犯人の葛藤

犯人の独白から始まるプロローグ

 

このまま復讐を果たしてもよいのかどうか?を自問自答し、

犯行のすべてを記した手記をガラス瓶に入れ、海に流します

 

この手記が見つかり公になれば、その運命を受け入れる、と

 

そしてエピローグ

 

島田に呼び出された守須は、自分自身で海に投げたガラス瓶を発見します

 

ガラス瓶を見つめ、近くの子供に

 

「これをあそこにいるおじさんに渡してきてほしいんだ」

 

と頼み、物語の幕が下ります

 

 

もうホントにこのシーンが大大大好きで!何回も読み返してしまいました笑

 

自分の犯した罪を受け入れて、犯人が運命を受け入れる

 

素晴らしいエピローグ、読後感が良すぎて放心状態、間違いなしです!!

 

まとめ

圧倒的インパクトでミステリ界に旋風を巻き起こしたこの作品。

 

  • わかりやすいトリック
  • すべてがひっくり返り騙される快感
  • 読後感の良さ

 

ミステリにハマってしまうすべての要素が詰め込まれているので

 

ミステリ小説を読んでいない超初心者にオススメです!!

 

そしてミステリ沼にハマった方はこの「十角館の殺人」から始まる館シリーズを読んでみてはいかがでしょうか?

 

今回は「十角館の殺人」 -綾辻行人ー を紹介させていただきました!

 

それではみなさまよいミステリ小説ライフを!