マサブク

理系大学院生がおすすめのミステリ小説を中心に紹介していく雑記ブログ

「占星術殺人事件」ー島田荘司ー 【40年間迷宮入りの未解決事件】あらすじ&ネタバレ感想

この記事をシェアする

こんにちは、マサキです。

 

今回紹介する小説はミステリ小説界の金字塔、島田荘司の占星術殺人事件です。

 

 

ミステリ小説ブームの原点ともいえるこの作品は年代を超えて愛されています。

 

その実、この作品が発表されたのは、なんと約40年前!

 

(ちなみにミステリ小説に興味がなかった僕はこの作品を一切知りませんでした…)

 

それではまさに不朽の名作である、この作品について紹介していきたいと思います!

 

さっそくまいりましょう!

 

この本のオススメ度は A

 

 

概要

密室で殺された画家が遺した手記には、六人の処女の肉体から完璧な女=アゾートを創る計画が書かれていた。

その後、彼の六人の娘たちが行方不明となり、一部を切り取られた惨殺遺体となって発見された。

事件から四十数年、迷宮入りした猟奇殺人のトリックとは!?

名探偵御手洗潔を生んだ衝撃作の完全版登場!

 

 

概要だけ見ると残酷な話なのかな?

 

と思いますが

 

名探偵御手洗潔とその相方石岡和己のコンビが繰り広げる推理

 

そして二人の掛け合いがマイルドに合わさって、楽しく読み進めることができます!

 

あらすじ

 

これは私自身のために書かれた小説であり、本来誰の眼に触れさせる事も意識しなかった。

しかし、この様に形を成さしめた以上、他者の眼に触れる可能性をも考慮しない訳にはいくまいから、そういう事態を想定し、私にはこの一文が遺言状、もしくはそれに準ずる意味を持っている事、また「小説」である事を、自分自身の為に明記しておく。

 「占星術殺人事件」p.9

 

昭和十一年、画家の梅沢平吉は自分の娘たち6人の体の一部分をつなぎ合わせて

『アゾート』と呼ばれる完璧な作品を作る計画を練っていた。

 

梅沢は自身の半生や、アゾートの計画をつづった手記を書いたのち、何者かに殺害されてしまう。

 

しかし梅沢が死んだ後、手記の通り、殺人事件が発生し、娘たち6人は惨殺死体となり日本全国の様々な場所で発見される

 

この事件は日本中を震撼させ

知能に自信のある人々が知恵を絞りきったが40年以上たっても

謎は当時のまま残っていた…

 

場面は変わり、現代

 

御手洗潔と石岡和己の元へ、当時の事件関係者の娘である飯田という婦人が訪れる

 

彼女はまだ誰の目にも触れていない証拠資料をもって御手洗に解決を依頼してきたのだ

 

まだ誰も解いていないこの占星術殺人事件

 

果たして御手洗と石岡は解くことができるのか?

 

 

感想

 

一言でこの小説を表すと

 

完璧です

 

御手洗と石岡が手記を読んでこの事件の全貌を解き明かすという物語なので

 

彼らは冷静にこの事件を分析し、いろんな可能性をつぶしてじわじわとこの事件をかみ砕いていきます

 

メイントリックも素晴らしい!

 

終盤にある一つの要素が加わって

今まで絡まっていた謎がきれいさっぱり解ける様は読んでいて爽快でした!

 

そしてこの作品は<読者への挑戦状>が挿入されます、なんと2回も

まさに本格ミステリ、こういうの大大大好きです

 

ミステリ界隈ではこのメイントリックが有名になっているようですが、まだ何の情報もわからないそこのあなた!

ネタバレを踏む前に、この物語の爽快感を味わってほしいです!

 

なお、御手洗シリーズはこの作品の後もすさまじい作品揃いですので

 

僕もシリーズを読破して皆様に紹介できたらなと思います!

 

今回は「占星術殺人事件」ー島田荘司ー を紹介させていただきました!

 

それではみなさまよいミステリ小説ライフを!

 

 

 

 

 

 

 

※以下ネタバレ※

 

ここからは物語の核心に触れていきます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、この作品ホントにメイントリックまでの布石というか、過程が素晴らしいです。

 

まず序盤の梅沢平吉殺しの推理で『ベッドのつり上げ』を御手洗があっさり推理したとき

 

あれ?こんな序盤でもう解決かぁ…

 

と思いましたがそんなに単純な話ではありませんでした笑

 

そして初めの『梅沢平吉の手記』

こいつが今回の元凶です

 

初めにこの手記を読ませることで

 

一体のアゾート=死体の部位で形作られたもの

 

という潜在意識が刷り込まれてしまって

 

娘たちの一人がまだ生きている

 

という可能性が頭から排除されていました…恐るべし…

 

このメイントリックがわかると様々な点が繋がっていきます

 

  • トリック
  • 動機
  • 犯人 

 

まさにパズルの最後のピースがはまる感覚です!

 

最後の時子と御手洗の会話のシーン

 

ついにこの時が来たかと、哀愁漂う二人の少ない会話が印象に残っています。

 

そしてエピローグ

 

彼女の手紙でこの作品が締めくくられ、まさに完璧な終わり方

 

読後感がすばらしかったです!

 

ぼくはすっかり島田荘司さんにハマってしまいましたので

 

次の作品「斜め屋敷の犯罪」も紹介していきたいと思います!

 

それではみなさまよいミステリ小説ライフを!