マサブク

理系大学院生がおすすめのミステリ小説を中心に紹介していく雑記ブログ

「星降り山荘の殺人」 ー倉知淳ー 【吹雪の中での殺人、予想外の犯人とは?】あらすじ&感想

この記事をシェアする

こんにちは、マサキです。

 

今回ご紹介する小説は倉知淳さんの「星降り山荘の殺人」です。

 

f:id:couragepanda:20200303165437p:plain

 

倉知淳さんの代表作のこの作品

読んだあとの衝撃がすごすぎるのでネタバレなしで、まっさらな状態で読んでください!

 

それではまいりましょう!

 

この本のオススメ度 S 

 

概要

雪に閉ざされた山荘。そこは当然、交通が遮断され、電気も電話も通じていない世界。

集まるのはUFO研究家など一癖も二癖もある人物達。突如、発生する殺人事件。

そして、「スターウォッチャー」星園詩郎の華麗なる推理。

あくまでもフェアに、真正面から「本格」に挑んだ本作、読者は犯人を指摘する事が出来るか。

 

 

クローズドサークルの本格ミステリというジャンルですがこの作品には全編を通して

特徴があります。

 

それはチャプターの冒頭に作者から

 

この章ではこのようなことが起きるよ

 

と章全体の説明が挿入されます。ここが本作の最大のポイント!

 

ではネタバレに注意しつつ、あらすじにいきましょう!

 

あらすじ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず本編の主人公が登場する

主人公は語り手でありいわばワトソン役

つまりすべての情報を読者と共有する立場であり

事件の犯人では有り得ない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「星降り山荘の殺人」p.7

 

 

主人公はしがないサラリーマンの杉下和夫。

 

彼はある日、後輩をかばい上司に手を出してしまう。

 

責任処分として、別の部署へと移動となった和夫はスターウォッチャーと名乗る

恐ろしくキザったらしい二枚目の男、星園詩郎と出会う。

 

星園はタレントであり、主に星の美しさを讃え、夜空について語り、そのモデル顔負けの容姿から女性の人気を博していた。

 

杉下と会った星園はまるでシャーロックホームズのように、杉下の習慣や仕事などを推理して的中させる。

 

そのことを杉下は不愉快に思うが、気持ちとは裏腹に星園の仕事のマネージャーとして働くことになる。

 

初仕事はあるオートキャンプ場の宣伝

 

杉下と星園は吹雪の中、山の中にある星降り山荘へと向かう。

 

そこに集まった男女9人

 

吹雪の中に閉じ込められた彼ら

 

夜が明けたとき、コテージで無残な死体が発見される

 

果たして、犯人はだれなのか?

 

 

 感想

 

 この作品は設定としてはかなり王道で、犯人に至るトリックなども論理だてて進み

かなり精密にできています

 

ただ、それすらかすんでしまうほどの『ある仕掛け』がこの作品を有名にしたのです。

 

気になる方はぜひ!手に取ってみてください!

 

冒頭に作者からの説明があるにもかかわらず

 

あなたは騙されてしまうでしょう

 

ぼくも、できるなら記憶を消してもう一度読みたいぐらい大好きな作品です!

 

今回は「星降り山荘の殺人」 ー倉知淳ー を紹介させていただきました。

 

それではみなさまよいミステリ小説ライフを!

 

 

 

 

 

 

※以下ネタバレ※

 

 

ここからはがっつり物語の核心に触れていきます!!

 

必ず!!作品を読み終わってからみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの作品、犯人が

 

探偵役である星園なのです!!!

 

 

これには僕も読んでる途中に「マジかよ…」と声が漏れてしまいました。

 

そんなのフェアじゃない!

探偵役が犯人だなんてノックスの十戒を無視してる!

 

 

 

と皆さんは思ったことでしょう

安心してください、僕もそう思いましたがこの作品

 

フェアなんです

 

フェアにしているからくりは、冒頭でも書いた通り

この作品特有の『作者からの章の説明』です。

 

 

星園が登場した章の説明欄では確かに『探偵役が登場する』と書いていましたが

 

星園が探偵とは一言も書いてないのです

 

 

事実として、本来の探偵役である早沢麻子は星園が初登場したシーンに杉下とぶつかっており、作者はうそをついていないことがわかります

 

なんじゃそりゃ…と思う方、わかります

 

ですが星園を探偵としか思えない描写が意識的に挿入されていることから騙されてしまったのです。

 

  1. 冒頭の杉下の特徴や習慣をするどく推理するシーン
  2. 星降り山荘に向かう途中に星園から語られるウソの目的に杉下が同調するシーン
  3. 終盤まで続くコンビでの推理、捜査シーン

 

特に2のシーンは読んだとき、この作品はシリーズものなのかな?

と疑ったくらいです笑

 

ほかにも様々なシーンで星園が探偵役を全うしています。

 

これは騙されても仕方がないというか…

倉知さんすごすぎます…

 

しかし終盤の種明かしのシーンではホントに鳥肌が止まらなかったです。

 

この大どんでん返しがたまらないですよね笑

 

今回は「星降り山荘の殺人」 ー倉知淳ー をネタバレありで紹介させていただきました!

 

 

それではみなさまよいミステリ小説ライフを!!