マサブク ~masaki books~

理系大学院生がおすすめのミステリ小説を中心に紹介していく雑記ブログ

「そしてミランダを殺す」 -ピーター・スワンソンー 【ある殺人計画から始まる、狂気の物語】あらすじ&ネタバレなし感想

この記事をシェアする

こんにちはマサキです。

 

今回ご紹介する小説はピーター・スワンソンさんの「そしてミランダを殺す」です。

 

f:id:couragepanda:20200303175704p:plain



『このミステリーがすごい! 2019年版』第2位
『週刊文春ミステリーベスト10 2018』第2位
『ミステリが読みたい! 2019年版』第2位

 

と凄まじい人気を誇るこの作品、あまり海外の小説は読まないのですが

気づいたら本屋でこの本をもちレジに並んでいました…

 

読み終わった後は放心状態です…

この作品をみんなに読んでもらいたい!

 

それではこの作品の魅力をつらつら書いていこうと思います。

さっそくまいりましょう!

 

この本のオススメ度 B 

 

 

概要

 

実業家のテッドは空港のバーで見知らぬ美女リリーに出会う。

彼は酔った勢いで、妻ミランダの浮気を知ったことを話し「妻を殺したい」と言ってしまう。

リリーはミランダは殺されて当然だと断言し協力を申し出る。

だが殺人計画が具体化され決行日が近づいたとき、予想外の事件が……。

男女4人のモノローグで、殺す者と殺される者、追う者と追われる者の攻防を描く傑作ミステリ!

 

 

あらすじ

 「こんにちは」怪しげな女に話しかけられる

 

空港のビジネスラウンジにいたテッドは女に

「前にどこかで会ったか?」とたずねた。

 

女は「あなたの飲んでる飲み物が知りたかったの」といい、テッドに取り入るように隣でカクテルをのみ始めた。

 

他愛ない話を繰り返しているとテッドは女に自分の妻が浮気しているかもしれない

という話を持ち掛ける。

 

一連の話を聞いた女はテッドが勢い余ってはなった「妻を殺したい」という願望を肯定し

自分もその計画に協力する、とテッドを促す。

 

「それで、あなたはどうするつもり?」

これは僕が丸一週間、自問し続けた問いだった。

「僕の本当の望みは、妻を殺すことだよ」

僕はジンでしびれた口でほほえみ、相手がこの言葉を信じずにすむように、小さくウインクしようとした。

しかし彼女の顔はまじめなままだった。

女は赤みがかったまゆを上げた。

「そうすべきだと思う」彼女は言った。

僕はそれがジョークであるサインを待ったが、そんなものは見られなかった。

女の視線は揺るがない。

「そしてミランダを殺す」p.25

 

 

場面は変わり、ある少女リリーの物語へ

 

彼女が14歳のころ、母がチェットという画家を家に招き入れ滞在させた。

 

チェットは黒縁の分厚い眼鏡をかけた、もじゃもじゃの頬ひげを生やした男だ。

 

リリーの両親はチェット以外にも様々な人を家へ招き入れた、

美大の大学院生、父の元愛人、今の愛人がくるくると目まぐるしく家へ訪れた。

 

リリーはチェットのことをあまり好きではなかった。彼が自分を性的な視線で見ていることに気づいていたからである。

 

そしてある夏の夜、チェットはリリーの部屋に忍び込んだ。

 

体を触られていることに気づいたリリーは、ただ寝ているふりをすることしかできなかった。

 

全身に鳥肌が立つ。

 

懸命に目を閉じるリリー。

 

時がたつと、チェットは部屋から出て行った。

 

その夜、眠れるとは思えなかったのに、私は眠った。

そして朝が来ると、ベッドに横たわったまま、どうすればいいのか考えた。

わたしが何より恐れていたのは、何があったのか母に打ち明けたすえに、チェットとセックスすべきだったと言われることだった。

この問題は自力で解決するしかないことが私にはわかっていた

 

そして、自分がどうやるかも、わたしにはわかっていた。

 

「そしてミランダを殺す」p.38

 

 

感想

 

さて、この作品は

 

何か事件が起きて謎を解く

 

ではなく

 

犯人の目線で物語が進む

 

いわゆる倒叙ミステリーという形をとっています。

 

4人の目線で語られるこの物語ですが、中盤であっと驚く真実が語られ、終盤でさらにダメ押しでひっくり返されます。

 

全編を通してみると面白い構成なのですが

 

とにかく前半が長いです

 

テッドが浮気現場を目撃して妻・ミランダを問い詰めて…

それをリリーにすべてはなし、一緒に殺害計画をたてて…

 

まるで昼ドラみたいな展開が繰り広げられます。

 

特に海外小説は翻訳の際に、多少不自然なところが残り、なおさら読むスピードが遅くなります。

 

対して、偶数の章に語られるリリーの物語は、展開が目まぐるしくすすみ、読み飽きることはないです!

 

読んでいるうちにリリーがいかにサイコパスか、いやというほど思い知らされます。

 

ですがこのテッドとリリーの2つの話が交差していき、なかなか面白くなってきます。

 

終盤のクライマックスのシーンではすべてを読み終えた後に

 

やっぱそうなるよなあ…

 

と脱力すること間違いなしです!

 

海外小説をあまり読んでなかった人にこそ、序盤を乗り越えた先の展開には

圧巻の一言なのでぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

 

今回は「そしてミランダを殺す」 -ピーター・スワンソンー 

を紹介させていただきました!

 

それではみなさまよいミステリ小説ライフを!